日焼けとは

日焼けがわかる!

このページでは日焼けの基礎知識についてまとめています。日焼けの原因や症状、種類などについて説明していますので、まずは基本的な知識を身につけましょう。

日焼けとは

「日焼け」には、大量の紫外線を皮膚に浴びた数時間後に皮膚が赤くなって、痛みは6~48時間の後に最もひどくなる「サンバーン(紅斑)」と、24~72時間後、メラニン色素が皮膚表面に沈着する「サンタン(黒化)」の大きく2つの種類があります。サンバーンは、文字通りに「サン(太陽)」による「バーン(火傷)」で、簡単にいうと太陽を原因とする一種の軽い火傷ということです。

紫外線が表皮と皮下組織の間にある「真皮」の血管を拡張・充血させるため、外から見ると赤く見えるわけです。ひどい状態になると、まさに火傷と同じで水疱ができることもあります。そして、サンバーンの炎症が治まった後、肌を守るため皮膚がバリアゾーンを作ろうとするため、メラニン色素の働きによって黒くなり、いわゆる「日焼け」という状態になるわけです。



オススメ情報

口コミ病院検索hosupi(ホスピ)掲示板 口コミ病院検索hosupi(ホスピ)掲示板
病院に関する話題の掲示板です。
入院、費用など様々な話題で盛り上がろう。
リンク集 リンク集
「健康と医学」に関連するウェブサイト、
ホームページが検索できます。
口コミ病院検索hosupi(ホスピ)ランキング ランキング
実際に利用した全国ユーザがセレクトした
顧客満足度の高い病院のピックアップランキング
  • ページのトップへ