脱水症状とは

脱水症状がわかる!

このページでは脱水症状の基礎知識についてまとめています。脱水症状の原因や症状、種類などについて説明していますので、まずは基本的な知識を身につけましょう。

脱水症状の治療方法とは

「低張性脱水」が起こった場合の対策としては、水分と塩分の両方を口から流し込んでやったりすることが必要です。ただし、水分だけ補給してはいけません。水だけだと、さらに体内のナトリウムが不足することになるためで、これは絶対に避けるようにしてください。

一方、「高張性脱水」の場合は、前述のように単なる水不足ですから、症状が起こった場合は、軽度であれば電解質を含んだ水分、例えばスポーツ飲料などを飲ませるのがいいでしょう。しかし、もし重度の場合であれば、ブドウ糖を加えた輸液を投与し、48時間以上をかけながら経過を見ることが必要となります。そして、「等張性脱水」の場合は、喉が渇くという自覚症状があるため、水分を補給することが多いので、低張性脱水になる場合がしばしばで、そうなると、上記のような治療を行う必要があります。



オススメ情報

口コミ病院検索hosupi(ホスピ)掲示板 口コミ病院検索hosupi(ホスピ)掲示板
病院に関する話題の掲示板です。
入院、費用など様々な話題で盛り上がろう。
リンク集 リンク集
「健康と医学」に関連するウェブサイト、
ホームページが検索できます。
口コミ病院検索hosupi(ホスピ)ランキング ランキング
実際に利用した全国ユーザがセレクトした
顧客満足度の高い病院のピックアップランキング
  • ページのトップへ