脱水症状とは

脱水症状がわかる!

このページでは脱水症状の基礎知識についてまとめています。脱水症状の原因や症状、種類などについて説明していますので、まずは基本的な知識を身につけましょう。

脱水症状の原因とは

脱水症状の具体的な原因としては、第1に「水分の摂取不足」が挙げられます。症状としては、意識障害や強度の衰弱、神経系の障害が起こります。"喉が渇いた"という感受性が衰えている高齢者は、自分の状態が客観的に把握できないので特に注意が必要です。

第2には、「発汗・不感蒸泄の増加」があります。発熱すると体内の水分が失われますし、また高温下に長時間さらされると発汗や不感蒸泄が増えるため注意が必要となります。第3は、「消化液の喪失」です。中毒などによって大量に嘔吐したり、下痢したりすると消化液中の電解質が失われるために脱水症状が起こります。そして最後は、「腎疾患」に注意です。腎臓は体内の水分を調節する役割を担っていますが、腎不全や尿崩症、アジソン病などにかかると腎臓の機能が低下するため脱水症状が起こる場合があります。ただし健康な人でも、高血糖や下痢や嘔吐などを伴う体調不良の場合には、夏場で無くても、脱水を起こし易い状態になることも多いので気を付けるようにしましょう。



オススメ情報

口コミ病院検索hosupi(ホスピ)掲示板 口コミ病院検索hosupi(ホスピ)掲示板
病院に関する話題の掲示板です。
入院、費用など様々な話題で盛り上がろう。
リンク集 リンク集
「健康と医学」に関連するウェブサイト、
ホームページが検索できます。
口コミ病院検索hosupi(ホスピ)ランキング ランキング
実際に利用した全国ユーザがセレクトした
顧客満足度の高い病院のピックアップランキング
  • ページのトップへ