脱水症状とは

脱水症状がわかる!

このページでは脱水症状の基礎知識についてまとめています。脱水症状の原因や症状、種類などについて説明していますので、まずは基本的な知識を身につけましょう。

脱水症状とは

人間の身体は、成人では体重の約60%、小児では体重の約80%が水分であり、その体内の水分が体重の約3%失われると「脱水症状」になると言われています。通常では、摂取する水分量に応じて腎臓が尿の量を調節するため、体内の水分の量は一定に保たれています。

しかし何らかの理由で、身体から排出される水分量が増えたり、摂取する水分量が不足したりすると、体内の水分が失われて脱水症状が起こります。主な症状としては、痙攣や発熱、喉の渇き、乾燥、めまい、吐き気、頭痛などの症状が見られ、それらの症状が進むと、生命の危険さえもあります。特に、高齢者の方は年齢とともに基本的な体の水分の量が減っており、また、子供は身体が小さく水分の比率も高いので少量の汗でも脱水症状を起こしてやすことから注意が必要です。



オススメ情報

口コミ病院検索hosupi(ホスピ)掲示板 口コミ病院検索hosupi(ホスピ)掲示板
病院に関する話題の掲示板です。
入院、費用など様々な話題で盛り上がろう。
リンク集 リンク集
「健康と医学」に関連するウェブサイト、
ホームページが検索できます。
口コミ病院検索hosupi(ホスピ)ランキング ランキング
実際に利用した全国ユーザがセレクトした
顧客満足度の高い病院のピックアップランキング
  • ページのトップへ