陰嚢水瘤/精索水腫


陰嚢水瘤とは陰嚢部の鞘膜に液体がたまった病気で、精索水腫とは陰嚢部の鞘膜よりも頭側の精索部に液体がたまった病気です。どちらも乳幼児が発症しやすいもので、症状としても陰嚢、陰嚢上部や鼠径部(そけいぶ)が痛みこそないものの腫れてくるなど、よく似ています。また、水腫ではなくヘルニアの疑いもあるので専門医の診察を受けるようにしましょう。子どもの場合は自然に治癒することが多いので、無理な措置は行わずに経過を観察しますが、大人の場合は水のたまった袋を切除する手術を要します。
病気辞典について

陰嚢水瘤/精索水腫の初診にむいている病院

外科
泌尿器科

オススメリンク集[PR]
ニキビ跡|いびき|中絶|早漏
ホーム 更新
NakedTechnology