インスリノーマ/膵島細胞腫


インスリノーマとは、膵臓に生ずるインスリン分泌内分泌腫瘍のことで、その大部分はランゲルハンス島B細胞由来の腫瘍だといわれています。また、多くは転移しない良性ですが、まれに悪性もあるので注意が必要です。特徴としては低血糖と、それに伴う動機や頻脈、意識消失やけいれんなど。治療には腫瘍の切除を行い、早期に発見できていればそれだけ確実に改善が見込まれます。悪性の場合はほかの臓器に転移していることもあるので、その措置も必要になってきます。
病気辞典について

インスリノーマ/膵島細胞腫の初診にむいている病院

内科

オススメリンク集[PR]
口臭|中絶|妊娠検査|包茎
ホーム 更新
NakedTechnology