陰茎形成性硬結症


陰茎海綿体を包む白膜という結合組織に硬いすじ状の組織ができると、勃起時に陰茎が屈曲してしまいます。これが陰茎形成性硬結症、別名をパイロニー病と呼ぶ病気です。詳しい原因は不明ですが、何らかの炎症反応によるものと考えられ、平常時は痛みを感じないものの、勃起時に痛みを伴います。治療には発症直後であれば炎症を抑える薬を用いますが、本人の希望であれば降下した白膜を切除して皮膚の移植を行う手術を行います。
病気辞典について

陰茎形成性硬結症の初診にむいている病院

泌尿器科

オススメリンク集[PR]
高齢出産|中絶|ほくろ|包茎
ホーム 更新
NakedTechnology