胃幽門狭窄症


胃幽門狭窄症とは、胃の出口である幽門部というが狭くなったために、胃の中にある物が十二指腸へ移動することが妨げられ、異常をきたす病気です。幽門部が狭くなる原因はさまざまですが、胃がんや胃潰瘍に伴うもの、外部からの圧迫、胃運動機能の異常などが考えられます。不快感や膨満感、おう吐やげっぷなどの症状があり、治療はまずこうした症状の安定化から始めます。原因を特定して確実な治療を行うべきなので、消化器専門医の診療を受けるのがいいでしょう。
病気辞典について

胃幽門狭窄症の初診にむいている病院


オススメリンク集[PR]
いびき|抜け毛|薄毛|中絶
ホーム 更新
NakedTechnology