胃マルトリンパ腫


人間の体は、健康な時でも消化管の粘膜などで、リンパ節のような組織を形成し、それらはリンパ濾胞(ろほう)と呼ばれています。胃マルトリンパ腫とは、胃のリンパ濾胞から発生する腫瘍というべきもので、胃がんに比べるととても珍しいといえます。原因としては慢性胃炎や胃十二指腸潰瘍などが主とされ、大抵は無症状なので、発見されるのは定期健診などが多いようです。治療については放射線療法や薬物の投与、また手術などが考えられますが、いずれにせよ悪性リンパ腫に進行しないよう、十分な処置と観察が必要です。
病気辞典について

胃マルトリンパ腫の初診にむいている病院


オススメリンク集[PR]
早漏|ニキビ跡|対人恐怖症|中絶
ホーム 更新
NakedTechnology