胃粘膜下腫瘍/良性


胃粘膜下腫瘍とは、胃の粘膜層よりも深いところにある胃壁内で、粘膜が胃の内腔に突出した隆起のこと。多くは腫瘍性ですが、腫瘍でない場合もあります。良性であれば平滑筋腫や迷入膵、神経性腫瘍などがあり、腫瘍が小さければ症状もありませんが、腫瘍の大きさが5センチ前後に達する悪性であれば吐血や下血を生じることがあります。悪性の場合は手術を要し、良性のうちであれば定期的な経過観察を実施。まずは内視鏡検査などで腫瘍を見つけることが肝心です。
病気辞典について

胃粘膜下腫瘍/良性の初診にむいている病院

内科
外科

オススメリンク集[PR]
中絶|精力増強|薄毛|いびき
ホーム 更新
NakedTechnology