イヌ回虫症


イヌ回虫症とは、幼虫移行症のひとつで、子犬の小腸に寄生した回虫が肝臓や肺などの臓器のほか、筋肉や眼の中などに入り込んで起こる病気とされています。イヌだけではなく、ほかの動物にも回虫の卵が潜んでいるということがあり、人間がその動物の肉を生で食べるなどすると、感染する恐れがあります。症状としては発熱や胸痛、眼に入ると視力の低下や眼の痛みなどがあり、飛蚊症を発症する可能性も。治療には駆虫薬を用いますが、虫が網膜内にいるなどの場合は眼科で別の処置をします。
病気辞典について

イヌ回虫症の初診にむいている病院

内科
眼科

オススメリンク集[PR]
中絶|対人恐怖症|妊娠|ストレス
ホーム 更新
NakedTechnology