胃肉腫


胃肉腫とは、胃の悪性腫瘍のうち、胃がんである上皮性の悪性腫瘍ではない、非上皮性の悪性腫瘍のことです。胃の悪性腫瘍のなかではわずか5%ほどだといわれるまれな病気で、なかでもリンパ腫が半数以上を占めています。胃肉腫の原因は不明で、症状としては胃痛や食欲不振、おう吐など。治療法の多くは腫瘍切除術ですが、悪性リンパ腫については抗がん剤などを用いた化学療法を優先することがあります。切除しても再発することがあり得るので、術後のフォローも大事です。
病気辞典について

胃肉腫の初診にむいている病院

内科

オススメリンク集[PR]
乳がん|薄毛|中絶|脱毛体験
ホーム 更新
NakedTechnology