遺伝性脊髄小脳変性症


小脳や脊髄、脳幹などの部位で神経細胞が変性をきたすことによって歩行時にふらつく、ろれつが回らなくなるなどの症状が現れ、複合して進行します。遺伝するもの、しないものがあり、脊髄小脳変性症とはそうした病気の総称ですが、遺伝性のものでは20種類以上の病気があります。症状はさまざまですが、何十年もかけて進行するのは共通しています。また、遺伝によるもの、とわかってはいますが、はっきりとした原因は不明で、治療法も確立されていません。
病気辞典について

遺伝性脊髄小脳変性症の初診にむいている病院

神経内科

オススメリンク集[PR]
中絶|ほくろ|妊娠|抜け毛
ホーム 更新
NakedTechnology