胃腸神経症


患者が消化管症状を強く訴えるにもかかわらず、どんな検査でも異常を認めることができない場合に用いられてきた診断名を胃腸神経症といいます。近年では過敏性腸症候群とも呼ばれ、腹痛や腹部膨満感などの症状が数年にわたって継続するのが特徴です。多くの場合は元から胃腸の弱かった人が心理的ストレスや精神的な疲労を抱え発症するので、治療には精神的治療と抗不安薬の投与などを行います。器質的疾患がないのでわかりにくく、周囲の理解と支えが大事になります。
病気辞典について

胃腸神経症の初診にむいている病院

内科
心療内科

オススメリンク集[PR]
ニキビ跡|仮性包茎|中絶|躁鬱
ホーム 更新
NakedTechnology