胃・十二指腸憩室


胃壁や十二指腸壁の一部が袋状に拡張して突出したものを胃・十二指腸憩室と呼びます。この憩室の大きさはさまざまですが、胃憩室なら大きくて7センチ、十二指腸憩室なら3センチほどです。ただ、大きさにかかわらず胃・十二指腸憩室はほとんど症状がないために自覚がなく、胃のX線や内視鏡検査などで偶然発見されることが多いです。そのためとくに症状がなければ治療する必要もありませんが、もし潰瘍や出血などを伴うようであれば内科か外科の診察を受けるようにします。
病気辞典について

胃・十二指腸憩室の初診にむいている病院

内科
外科

オススメリンク集[PR]
産婦人科|避妊|真性包茎|中絶
ホーム 更新
NakedTechnology