胃・十二指腸潰瘍


胃潰瘍および十二指腸潰瘍とは消化性潰瘍の代表ともいうべき病気。消火性潰瘍とは、胃酸の影響を受けて潰瘍を引き起こすものです。胃潰瘍は、40代以降の方が罹りやすいのに対し、十二指腸潰瘍は20代までの若年者が罹りやすいといわれます。多くは腹痛を自覚することで発覚に至りますが、吐血や下血などをきっかけとすることもありますので、そのような場合は早急に診察を受けましょう。治療法が確立されてきたので昔ほど恐れる病気ではなくなっていますが、早期の治療は今でも変わらず重要です。
病気辞典について

胃・十二指腸潰瘍の初診にむいている病院

内科

オススメリンク集[PR]
包茎|仮性包茎|避妊|中絶
ホーム 更新
NakedTechnology