アレルギー性接触皮膚炎


アレルギーの原因である抗原物質が皮膚と接触すると、皮膚にアレルギー反応が起こり、かゆみを伴う紅斑や丘疹などが見られるようになります。これがアレルギー性接触皮膚炎です。なお、接触後に皮膚に光が当たり、初めて症状が現れる皮膚炎については光接触皮膚炎といいます。初期のうちは物質に触れた皮膚に限定して発症しますが、しだいに拡大して周囲の皮膚も発症します。また、接触が続くと症状が重くなるので、まずは原因となる物質に接触しないことが肝心です。
病気辞典について

アレルギー性接触皮膚炎の初診にむいている病院

アレルギー科
皮膚科

オススメリンク集[PR]
産婦人科|うつ|中絶|真性包茎
ホーム 更新
NakedTechnology