アレルギー性気管支肺アスペルギルス症


アレルギー性気管支肺アスペルギルス症(ABPA)とは、アレルギー性気管支肺真菌症(ABPM)の一種で、カビが原因で気管支炎などのアレルギー症状が引き起こされる病気。多くの場合は気管支喘息を持病とする人が発症し、症状の程度は基礎疾患である気管支喘息の重さによりますが、発熱や頭痛、倦怠感などを引き起こし、長期化する恐れもあります。できるだけ早期に発見して他の病気を引き起こさないよう、ステロイド薬の投与などで治療するのが肝心です。
病気辞典について

アレルギー性気管支肺アスペルギルス症の初診にむいている病院

アレルギー科
呼吸器内科
呼吸器外科

オススメリンク集[PR]
中絶|薄毛|生理不順|中絶手術
ホーム 更新
NakedTechnology