アルコール性神経障害


ともに起こるビタミン欠乏が原因だと考えられています。アルコール依存症の人は飲酒量が多く、食事のバランスが崩れがちになるため、ビタミンが不足しがち。とくに、ビタミンB1がアルコール代謝のために消費され欠乏するといわれています。神経障害が起こると手足の末梢にしびれや痛みを感じ、そのほかにも眼球運動障害や歩行困難など、さまざまな症状を引き起こします。治療にはアルコールを断ってビタミンの補給ができる食生活にするのが一番ですが、急性であればビタミンの注射投与などもあり得ます。再発を防ぐためにも周囲の支えが必要といえ
病気辞典について

アルコール性神経障害の初診にむいている病院

内科
神経内科

オススメリンク集[PR]
中絶|包茎|生理不順|対人恐怖症
ホーム 更新
NakedTechnology