アルコール依存症


アルコール依存症(アルコールいそんしょう、アルコールいぞんしょう)とは、薬物依存症の一種で、飲酒などアルコール(特にエチルアルコール)の摂取(以下「飲酒」とする)によって得られる精神的、肉体的な薬理作用に強く囚われ、自らの意思で飲酒行動をコントロールできなくなり、強迫的に飲酒行為を繰り返す精神疾患である。
病気辞典について

アルコール依存症の初診にむいている病院

精神科

オススメリンク集[PR]
対人恐怖症|中絶|体臭|ニキビ跡
ホーム 更新
NakedTechnology