アスピリン過敏症


アスピリン過敏症とは、アスピリンなどの酸性解熱鎮痛薬を服用することで、喘息や鼻炎、じんましんなどの症状が出ることをいいます。症状はさまざまなアレルギー疾患と大差ありませんが、症状が重症化しやすいのが特徴。 成人に多くみられ、とくに女性は男性よりなりやすいです。アスピリン過敏症に気付いたら薬の服用をやめ、どうしても薬の処方が必要ならば酸性解熱鎮痛剤を医師からもらいましょう。なお、解熱剤以外にも、特定の合成着色料や防腐剤、強い香料の入った石鹸やシャンプー、さらにはイチゴやトマト、柑橘類など自然界のサリチル酸化
病気辞典について

アスピリン過敏症の初診にむいている病院

アレルギー科
内科

オススメリンク集[PR]
ニキビ跡|ほくろ|中絶|体外受精
ホーム 更新
NakedTechnology