愛情遮断症候群


愛情遮断症候群とは、子どもへの愛情が欠けている親の行動によって、子どもがストレスを感じて成長障害を引き起こしてした症状の1つです。親が子どもの行動に無関心であったり、体罰や虐待に及ぶなどの行為が原因で、言語発達の遅れ、感情を出さない、かんしゃくを起こす、精神発達の遅れや周囲への無関心などが見られます。この症状を改善するには、子どもを施設に預けるなどして、家庭から引き離すことが必要となる場合もあります。
病気辞典について

愛情遮断症候群の初診にむいている病院

小児科

オススメリンク集[PR]
中絶|真性包茎|ほくろ|薄毛
ホーム 更新
NakedTechnology