病院・医院・施設掲示板


一般【3254】健康診断

健康診断
一般人/男性/30代前半/06月26日 05時17分
 先日、健康診断をしてもらいました。
 初めての胃カメラということもあり、いくつもある病院からこちらを選びました。
 
 胃カメラ以外の診断はとても親切で、次に診察を受ける場所への案内もなんら不安なく行ってもらえました。

 最後の診断が胃カメラだったのですが、廊下に待つこと2時間以上。
 健康診断って、こんなに待たされるの?と思いながら、順番なら仕方ないと思い、待ちました。

 いざ、診察室に入り、カメラを入れる前に先生が
 「喉を開いてくださいね~。開かないと、苦しくなりますよ~。はい、入れま~す」

 あのですね、「喉を開く」ってどうするんですか?
 息を吸うのですか?吐くのですか?
 そこの説明はなしで、カメラ挿入!!

 ある程度の苦しみは覚悟していたので、こんなものかと、オエオエしながらモニターに映る自分の体の中を見ていました。

 腸の辺りだと思うのですが、「潰瘍」なのでしょうか。壁面に白いものが映りました。
 
 それを見た先生が、

 「うわ、この世の終わりの映像だ」

 あのね、もう少し気のきいた表現はできないもんですかね?
 看護師さん、笑ってるし。
 病院で先生が患者にこんな表現していいの?
 
 それから胃もみてもらい、先生が、
 「ピロリ菌の検査は申しこんでるのかな?」

 潰瘍になってるなんて解りませんから、申し込みはしていませんでした。
 手振りで「申し込んでいません」のジェスチャーをすると、そのままカメラは抜かれ、検査は終わりました。

 診察室の外にでると、ピロリ菌とはなんぞやの冊子を手渡され、
 「もし検査をするなら、次回は内科で初診受付をして下さい。」

 内科で初診ですか・・・
 
 たった今、胃カメラを飲んで検査をして、潰瘍が見つかりました。
 ピロリ菌検査のオプションもありました。だったらその時に、

「潰瘍になっているから、申し込みしてないけど一緒にピロリ菌の検査をしませんか?」
 
 の一言は言えないもんですかね?もちろん、検査代が余分にかかるのは知っています。それでも、カメラを入れている時に、状況に応じた追加検査の提案なり、助言なりはできなかったのでしょうか?

 待たされて、この世の終わりが体の中にあると言われて、ピロリ菌の検査をするなら日を改めて初診で検査と言われ。

 健康診断はこんな感じかのかと、私服に着替えると誰もいない。
 
 念の為に持参下さいと、保険証をあずけておいたのだが・・・

 あ、あった。

 誰もが容易に見ることができる受付カウンターの上に置きっぱなし。

 名前、住所、電話番号、勤め先。全部記載してあるプライバシー情報を放置。

 8時半前に受付をして、全ての診断が終わってのが12時半過ぎ。

 健康診断ってのは、こんな感じなのでしょうか?

 

 

 
1件/1~1表示
【4962】Re:Re:健康診断
へろへろさん
一般人 女性/40代後半 10月06日 10時31分
うちの家族(認知症高齢)も下血が続いており内視鏡検査のために検査入院しました。町田にある公立の市民病院です。認知症なのでつきそいたいと申し入れると個室に誘導。
1日1万2千円です。
検査の前日入院でその日の晩下剤をのみおなかを空っぽにします。深夜1時大量に排便あり介助。早朝も排便あり介助。少しシーツが汚れたので看護婦さんに声をかけました。2日目はムーベンという腸洗浄剤を2L、2時間以上かけてゆっくりのむ。これもつきっきりで時間をはかりながらのませましたが駐車場(泊まりこみでつきそいなので駐車場代がばかにならないので無料時間中にいったん出してまた入れる)へいかねばならない時間がきて看護婦さんに15分だけつきそってもらいました。それからはいよいよ腸内に無便の状態にするために便を出し続けねばなりません。検査のためです。ただ高齢なのでどうしてもシーツや着衣は汚れます。そのたびに当然とりかえます。検査の為に高齢者が絶食や何度にもわたる排便にがんばっているのですから周囲の者が身の回りの世話をしてやります。絶食なので点滴が指示されました。点滴をつけると更衣に看護婦の手助けが必要です。家族ではできません。そのときにシーツと着衣が便で汚れました。すぐとりかえるかと思いきや「(検査前に)どうせまた出るので」といって放置。臭うし本人もとりかえてくれといっているのにぴしゃりといわれ家族も困惑。シーツだけでもとりかえようとちょうどシーツ交換の台車がきたので声をかけ部屋に誘導すると看護婦がいて「検査の後で換えようと思ったので」と帰してしまいました。母は尊厳を傷つけれられ急におとなしくなり。介助が大変だからと付き添っている家族もこれでは認知症患者の尊厳を傷つけてケアが大変になってしまうといけないと看護婦がでていった後家族が自らシーツを交換しようとしているとまたやってきて「あら、何か」「換えようと思って」と家族が手を動かすとしぶしぶ手伝いました。それで看護師に話ました。「もし介護施設でこれをしたら虐待ですよ。(懲罰的に粗相をした高齢者にはずかしめを与える行為)」若い看護師は謝ることもなく無言でした。
やっと排泄物が透明になり内視鏡検査。5時ごろ検査にいったのでいったん家に戻り1時間だけ仮眠。7時ころ戻り先生と話すと「直腸の上に大きな腫瘍があった。生検に回して良性か悪性かみる。明日退院してください。あとは外来で」長く続く下血の原因を探りに検査入院。直腸上部の腫瘍が出血源なら出血は鮮血のはず。検査当日もでていたタール便を看護師は確認していない。(家族が排泄処理を全部していたので。一度看護婦に声をかけて黒い便を確認しておくようにいったが確認したのかは不明)。だから下血の出血源が今回の検査でわからないまま別の腫瘍が見つかったわけですがそれでもいったん退院。出血源にあたっていないので下血は続くだろうし家で介護しながら次の受診を待つわけですがその間に急変があったらどうすればよいか。薬の指示もなく退院する状態になりそうになったのでその晩のうちに看護師にもういちど薬のことなど、次の外来(外来主治医と入院の主治医が違う。外来では紹介状持参でベテラン医師に受診できたが入院時は別の若い医師。このしくみも実は説明がなかったのですが)前に退院時にきいておくべきことを箇条書きにして伝言。医師より返答をもらって3日目の朝退院しましたが最後にまた連携ミス。2日目の検査が終わった晩もすでに点滴をはずしたのに点滴の針が留置されたままでした。3日目で退院と夜医師にいわれたのに3日目も点滴するのかしらといぶかしく思いながらも就寝。夜間に母が落ち着きがなくなりごそごそしていて早朝4時ごろみると針を自分で抜いていました。血だらけ。付き添っていながらも前日徹夜しているので疲れて頭が上がらず止めることができなかった。ナースコールをおして看護婦にみてもらいましたが消毒するでもない。やがて9時ごろになりもう退院のために準備をしていたら「点滴をするんでしょう」とその担当看護師が別の看護師にきくと「今朝の点滴は昨日の晩しないことに決まりました。」と・・。担当看護師の耳にも入らない点滴の変更。必要なかった点滴針の留置。では母をみすみす危険な目にあわせたことになるしまた予定外の緊急の退院だったということです。そういえば2日目の夜隣の部屋に別の新患(高齢者)がはいっていてやはり消化管の腫瘍の手術のようでした。もしかしたらその人にかかりきるために
うちはところてんのように押し出されたのかと今になってぞっとします。入院計画書にも1週間の予定とあり、外来で先生と話したときもほぼ5日間ということで仕事も母の介護保険サービスも調整して入院したのにふりまわされた形です。うちがわりこんだといわれればそれまでですがね。でも検査で腫瘍がみつかって退院というのも異様です。もう少し連携や確認が必要だと思います。患者は手一杯なので患者が鵜の目鷹の目で連携や事実確認をしなくてはいけない医療現場には事故がつきものですので・・・

コメントする

本文必須 hosupiでは各医療機関への誹謗中傷、実名を出しての投稿を原則認めていません
規約違反と判断されました投稿は断りなく削除させて頂く場合がございます。


ユーザ名必須
@
本名での投稿はご遠慮下さい

ユーザ性別必須


ユーザ年代必須


認証必須

文字が読み取りづらい場合はページを更新して下さい。

新着の投稿

ある精神科の先生の話し
評判がいいと聞いてるクリニックだが
病院の先生の本音

最近レスのあった投稿

評判がいいと聞いてるクリニックだが
Re:なんか言いたい放題
なんか言いたい放題

オススメリンク集[PR]
体外受精|中絶|産婦人科|早漏
ホーム 更新
NakedTechnology