胃軸捻転症

胃軸捻転症

胃の異常な回転や捻転が起こることを胃軸捻転症といい、新生児や乳児がなりやすいといわれています。また、長軸捻転と短軸捻転の2種がありますが、日本では短軸捻転のほうが多いそうです。なぜ乳児に多いのかというと、胃を固定する靭帯、腸間膜、腹膜などがまだ弱いため、捻転しやすいため。おう吐や腹痛だけでなく、循環障害から胃壁が壊死して死に至る場合もあります。また、横隔膜ヘルニアなどを併発しやすくなるので注意が必要です。治療についても体位の工夫や食事療法で改善することもあれば、急性のため開腹手術を行うような場合もあります


胃軸捻転症の初診にむいている病院

胃軸捻転症の気になるリンク

胃軸捻転症に関連するサイト内のリンクとなっています。

オススメ情報

口コミ病院検索hosupi(ホスピ)掲示板 口コミ病院検索hosupi(ホスピ)掲示板
病院に関する話題の掲示板です。
入院、費用など様々な話題で盛り上がろう。
リンク集 リンク集
「健康と医学」に関連するウェブサイト、
ホームページが検索できます。
口コミ病院検索hosupi(ホスピ)ランキング ランキング
実際に利用した全国ユーザがセレクトした
顧客満足度の高い病院のピックアップランキング
  • ページのトップへ