亜急性硬化性全脳炎

亜急性硬化性全脳炎

亜急性硬化性全脳炎(あきゅうせいこうかせいぜんのうえん、SSPE)は小児の重症な進行性中枢神経疾患で遅発性ウイルス感染症の1つ。9割以上が14歳以下で発症する。麻疹の既往が90%、ワクチン接種が5%に先行する。潜伏期間は2-10年、発生頻度は10万に1.7人程度である。性格変化、知能低下、不随意運動、けいれん、起立歩行障害などで発病する。発病後数年以内に死亡する。脳脊髄液の麻疹ウイルス抗体が増加する。インターフェロン治療、けいれん治療、理学療法などが行われるが、根治的な治療はない。


亜急性硬化性全脳炎の初診にむいている病院

亜急性硬化性全脳炎の気になるリンク

亜急性硬化性全脳炎に関連するサイト内のリンクとなっています。

オススメ情報

口コミ病院検索hosupi(ホスピ)掲示板 口コミ病院検索hosupi(ホスピ)掲示板
病院に関する話題の掲示板です。
入院、費用など様々な話題で盛り上がろう。
リンク集 リンク集
「健康と医学」に関連するウェブサイト、
ホームページが検索できます。
口コミ病院検索hosupi(ホスピ)ランキング ランキング
実際に利用した全国ユーザがセレクトした
顧客満足度の高い病院のピックアップランキング
  • ページのトップへ